福島県が抱える子どもの現状や不安、問題点などを分かりやすくサポートしております。

News新着情報

お知らせ
専門職研修会のお知らせ

いつもお世話になっております。
福島子どものこころと未来を育む会 事務局長の冨森です。
 
専門職研修会は、①発達障害、②虐待・愛着、③ストレスマネージメントの3つをメインテーマに講師をお呼びし、支援者支援、支援者のスキルアップを目的に開催しております。
 
今回は「ストレスマネージメント」がテーマ。
一般社団法人タッピングタッチ協会の中川一郎先生を講師に、タッピングタッチの基礎と各分野での応用を1日研修で学びを深めます。
HP:http://www.tappingtouch.org/
 
まずタッピングタッチとは 
”指先の腹のところを使って、左右交互に、軽く弾ませるようにタッチすることを基本としたホリスティック(統合的)でシンプルなケアの手法です。簡単な技法でありながら、「不安や緊張が軽減する」、「肯定的感情が高まる」、「信頼やスキンシップが深まる」などの効果があり、対人援助においてとても役立ちます。簡単なので、子どもや障害のある人でもできるうえ、専門的な利用が可能なため、心理、教育、医療、看護、介護など、様々な分野での利用が広がっています。ゆったりとしたペースでケアし合うことで、こころと体の緊張をほぐし、本来の明るさや優しさをとりもどし、みんなで仲良く生活することの楽しさを思い出させてくれます。多くの人たちが学び、日常生活と専門分野での利用が広がることによって、個人、家族、コミュニティ、そして地球全体の健康が促進されます”(協会ホームページより抜粋)
※動画はこちらから → https://www.youtube.com/watch?v=BRG9OfRjiLg
  
私がタッピングタッチと出会ったのは東日本大震災後でした。
震災直後の避難所支援に入った際に、心のケアには抵抗を持たれる方が多く、リラックス法や軽体操などの体に働きかけるものが有効だったという体験からタッピングタッチを学びました。
 
タッピングタッチは、震災支援はもちろん、子育て支援、学校臨床、医療・看護、福祉と様々な分野での活用ができ、いつでもどこでも誰とでもできる技法です。
 
まだ体験したことない方、研修会に参加したことはあるけどもう一度という方でも大丈夫です。1回目よりは2回目と…何回も体験を重ねることでタッピングタッチの奥深さを学んで頂けると思います。
 
日 時:平成28年8月6日(土) 10:00〜16:00
場 所:郡山市青少年会館
参加費:無 料
申し込み方法:氏名、所属、職種を明記し、office@hagukumukai.com にご連絡をお願いします。
 
皆様のご参加をお待ちしております。

専門職研修会_H28.8.6